利用したお客様の声地球の未来を考えて廃車無料見積買取までの流れQ&A手続きについて
トップ > 地球の未来を考えて

地球の未来を考えて Think the earth.

●私たちが廃車買取りを運営する意義

今環境問題があらゆる社会において難題を呈し、
高度経済成長が残した日本の負の遺産、大きなつめ跡であると考えております。
子や孫の時代に決して引き継いでならない厳正に生きる我々の重大な責務であろう「きれいな地球を取り戻すこと」、
これはこれから人間一人一人に課せられた難題の一端であり、我々企業理念の一つであります。
この解決をして行くためにきれいな地球を取り戻すという理念の下、
6年前から手分別による自動車の完全なるリユースリサイクルを目指して励んでいる、
潟Iートセンターモリ<本社三重県伊賀市>グループの潟Cー・エス・コーポレーション(代表取締役社長 森剛)
著書『自動車リサイクルででみんなが得する本』 出版:ごま書房 にて、
使用済み自動車の引き取りを業として社会貢献を担う「廃車ひきとり110番」にてお役立ちできればと存じます。

●廃車、解体に対する想い

日本では新車購入から次に乗り換えるまでのサイクルは約11年と言われています。
それまでにその車にはさまざまな思い出があるもので、例えば家族と一緒に帰省したり、遊びに行ったり、
子供の塾の送り迎えをしたり、しかしいったん廃車になるとその後はわかりません。
廃車ひきとり110番はその思い出の詰まった車を成仏することが私の使命であると考えています。
一台一台多くの品目におよぶ部品を手ではずし使えるものは第二の人生に、
最後に残ったものは 原料とし、成仏させてい参ります。

一般的に廃車された車はスクラップとなると思っている人がほとんどであると思います。
しかし今は地球環境問題が大きく取り上げられています。
21世紀は地球温暖化が進みは人類はじめ生態系さえも重要な課題を抱えており解決しなければなりません。
自動車リサイクル(廃車)はリデュース、リユース、リサイクルの3R、国もテレビで放映しています。
人間がやらなければならないのです。

日本の廃車は宝の山です。
世界で一番品質がよいのです。それは5つあります。

1−日本には車検制度があり国で定められた保安部品を交換しなければならない。だから整備がきちんとされています。
2−日本は国土が狭いため走行キロが少ない。欧米諸国は約30万キロです。 車のいたみが少ない。
3−日本はインフラ整備が整っている。殆どの道路は舗装され  足回り部品はよい状態である。
4−日本人は綺麗好きで車を大事にし、大きなへこみなど、ぼこぼこになっている車はない。
   外装(ドアー、バンパー、など)状態がよい。
5−車の乗換えが今は一時に比べ長くなったが(11年)欧米諸国は17年である。

新車は各部品を集めて造られたものです。一つ一つの部品はメーカーの厳しい品質検査を合格したものであります。
それだけ優れた車ですから、中古部品として第二の人生を歩むことが出来ます。
当然日本国内はじめ海外にも必要不可欠です。特に海外においては日本車が世界の自動車の30%近く走っています。
この状況から中古部品が必要となっています。もし供給できなければ車は走れず不法投棄されていきます。
適正処理されず、フロンガスの放出、オイルの垂れ流しがされています。
このようなことが地球温暖化に拍車をかけているのです。
新品に比べ安くて品質のよいの中古部品はなくてはならないものです。
また中古部品を使うことにより限りある資源にも貢献しているのです。

引取り後の車の流れはこちら >>

●「きれいな地球を取りもどそう」という理念を共にした全国のリサイクル業者

提携の自動車リサイクル事業者は厳しい審査の上、提携を結んでいます。
地球環境が多くの問題を抱える今、「解体車からオイルや冷却水が垂れ流しになっている」
「ばらした車が野晒しのまま、錆びが雨水に混ざって茶色い水が流れ出ている」
もしこんな解体工場にお客様の車両が入庫し、それをお客様が見られたら、どんな気持ちになるでしょうか。
こんな工場はリサイクル事業者とは認められません。
適正な処理を行う、適正なリサイクル事業者。だからこそ海外からの信用もいただけています。

(株)イー・エス・コーポレーションでは「地球温暖化」を始めとするさまざまな環境問題に対し、
「使用できる部品は再利用する(=リユース)」「適正な解体方法にて、
廃車を資源化する(=リサイクル)」ことをテーマに取り組んでいますので、
是非廃車をすることにより地球環境に一役かっていただければと存じます。


廃車無料見積はこちら
利用したお客様の声
地球の未来を考えて
環境コラム
お問い合わせ
0120-110-882 受付時間:9:00〜18:00
TEL 0595-43-2231
FAX 0595-43-2236
携帯サイト
携帯サイト

携帯電話のカメラで左のバーコードを読み取って下さい。

【サイト運営会社】
〒518-1302
三重県伊賀市東湯舟2750
株式会社イー・エス・コーポレーション
(株)オートセンターモリグループ
古物商許可証番号
三重県公安委員会許可
  第551500076700号
廃車手続きのことならイーエスコーポレーションへおまかせ!