利用したお客様の声地球の未来を考えて廃車無料見積買取までの流れ廃車Q&A廃車手続きについて
トップ > 手続きについて

手続きについて proccedure

廃車

車の抹消登録の手続きはカンタンです。このページでは手続きの流れや必要な書類など、詳しくご説明いたします。
使用不能になったり、使わなくなった車を処分する廃車の際や、長期出張等で長期間車に乗らない場合等にも一時的に抹消手続きをします。

抹消には、スクラップにして、2度と使用できないように車を処分する抹消(道路運送車両法第15条)と、長期の海外出張などで使用を一時的に停止する抹消(道路運送車両法第16条)の2種類があります。抹消の種類によって、お手続きに必要な書類が変わってきます。

<永久抹消(解体届出・15条抹消)>

お車を解体した後に当該車両がもう存在しないという場合はこの手続きを行ないます。
また、後述する一時抹消の手続後にお車を解体し、
こちらの手続きをする場合を特別に「解体届出」と呼び方が変わりますが、内容は同じことを指します。
あと車検有効期限が残っているお車を永久抹消(解体届出)すると、
その残り期間に応じて(1ヶ月未満の場合は還付が御座いません)自動車税・自賠責保険料に加えて重量税が戻ってきます。

<一時抹消(16条抹消)>

お車を一時的に使用を停止する場合はこちらの手続きを行ないます。
海外出張や長期の出張でお車を当分の間利用しない場合や、中古車の売買を行なう際に利用されます。
もちろん一時的な抹消(廃車)登録なので、再度車検をとおすことでその車両を使用できるようになります。
一時抹消の手続きをしておくと、自動車税・自賠責保険の支払いを止める事ができますが、
この状態では重量税の還付受領はできません。
またこちらの一時抹消登録をすれば発行してもらえる「登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明)」は
永久抹消登録をする場合や、再度車検をとおす場合に必要になります。
しかも紛失すれば再発行ができないため大事に保管していただく必要がございます。

<登録にご用意いただくもの:乗用車の場合>  

☆永久(15条)抹消
(1)○自動車検査証(車検証:原本)
(2)○ナンバープレート(前後2枚)
(3)解体証明書(解体業者に発行してもらう)
(4)印鑑証明書(所有者のもの)
(5)委任状(所有者の実印押印、代理人が申請する場合のみ必要)
(6)実印持参(代理人が行う場合は、代理人は認印持参)

・陸運支局で用意するもの
(7)抹消登録申請書
(8)自動車検査記入申請書(OCRシート)

※登録手数料・・・無料
※15条抹消では抹消登録証明書は発行されません。

<16条抹消の場合>
・事前に用意し持参するもの
(1)自動車検査証(車検証)
(2)ナンバープレート(前後2枚)
(3)印鑑証明書(所有者のもの)
(4)委任状(所有者の実印押印、代理人が申請する場合のみ必要)
(5)実印持参(代理人が行う場合は、代理人は認印持参)

・陸運支局で用意するもの
(6)抹消登録申請書
(7)自動車検査記入申請書(OCRシート)

※登録手数料・・・350円
※16条抹消では抹消登録証明書が発行されますので大切に保管してください。
※15条・16条抹消共、盗難等でナンバープレートが紛失している場合は警察で盗難届書を発行してもらい持参して下さい。

廃車無料見積はこちら
利用したお客様の声
地球の未来を考えて
環境コラム
お問い合わせ
0120-110-882 受付時間:9:00〜18:00
TEL 0595-43-2231
FAX 0595-43-2236
携帯サイト
携帯サイト

携帯電話のカメラで左のバーコードを読み取って下さい。

【サイト運営会社】
〒518-1302
三重県伊賀市東湯舟2750
株式会社イー・エス・コーポレーション
(株)オートセンターモリグループ
古物商許可証番号
三重県公安委員会許可
  第551500076700号
廃車手続きのことならイーエスコーポレーションへおまかせ!