利用したお客様の声地球の未来を考えて廃車無料見積買取までの流れQ&A手続きについて
トップ > 業界レポート > 中古車

業界レポート Industry report

中古車

2012年新車の販売動向

2012年04月03日

日本自動車工業会の発表によると2012年度の軽自動車を含む新車販売台数見通しは480万台となる見込みだそうです。同日まとめた2011年度の同速報値は前年度比3.3%の475万台強でした。東日本大震災などの影響で遅れていた販売が10月以降急回復した模様。

4月2日から始まったエコカー補助金が追い風となり売れ行きは好調のようですが、補助金3千億円のうち既に1千億円が申請されているようです。この様子ですと夏にはきれてしまうというのが大かたの見方。

売れ行き車種としては、ガソリン高によりユーザーは燃費に敏感になっており、軽自動車とともにハイブリッド車が好調。2月の乗用車販売におけるハイブリッド車比率は30%で2カ月連続、月間販売ランキングトップ10のなかではハイブリッド車の占める割合は半分以上です。なお、軽自動車を含めた販売台数トップテンのうち軽自動車は6車種はいっており、こちらの好調。
これらの車種はエコカー補助金終了後も大きくは落ち込まないのではないでしょうか。

中古車動向にエコカー補助金がどう影響するかはまだ様子見のようですが、以前のように販売車不足ということにはならないでしょう。

新車VS中古車

2012年01月20日

2012年1月17日に日本自動車販売協会連合会から中古車の2011年の登録台数(軽自動車は除く)が発表されました。
結果、前年比4.0%減少の377万台で1978年の統計開始以来過去最低を更新したそうです。
前年実績を下回るの11年連続でまさに右肩下がり、、、となっています。
東北では地震被害による需要から前年比増加となりましたが、そのほかの地域では在庫不足とそれに伴う価格上昇から買い控えられたようです。
2012年はエコカー補助金の影響で新車市場は80万台の上乗せ効果が期待され、新車需要も4年ぶりに500万台を超える見通しがでている一方で、中古車市場は、その影響で不透明な状態です。今回は以前のエコカー補助金でつけられたスクラップインセンティブ(廃車条件)がないため、下取り車はふえる見込みですので、これまでの新車不振から下取車減少、市場縮小という流れは緩和されると思われますが、販売面ではプラス影響はありません。

廃車市場としてはエコカー補助金の影響で買い替えは進むため少なからずプラスの影響はあると思われますが、結局廃車の先食いだけですので、決して楽観視できる状態ではないことは確かです。

エコカー補助金は1年間の時限措置です。その間、購入は格安の中古車か、新車か2極化され、高年式中古車は値下げを余儀なくされるという見方はできるのではないでしょうか。

ロシア中古車の輸入関税下げへ検討

2011年11月14日

 APEC=アジア太平洋経済協力会議の閣僚会議に出席するためハワイを訪れていた、枝野経済産業大臣は、12日、ロシアのナビウリナ経済発展相と会談し、この中でナビウリナ経済発展相は、日本などの輸入自動車に対する関税を、今後段階的に引き下げていく考えを明らかにしました。
 この中で枝野経済産業大臣は、来月のWTO=世界貿易機関の閣僚会議で、ロシアのWTO加盟が承認される見通しになったことを歓迎する意向を示しました。これに対しナビウリナ経済発展相は、日本などからの中古車を含む輸入自動車に対する関税について、「WTOに加盟すればそのルールに従う。スケジュールがあり、準備したうえで引き下げていく」と述べ、ロシアが現在、輸入自動車に対して最大で35%かけている関税を、今後、段階的に引き下げていく考えを明らかにしました。一方、枝野大臣は、タイのキティラット副首相兼商業相との会談で、タイの日系企業が、洪水の被害を受けた設備の代替品を日本などから輸入する際に、関税がかからないよう求め、これに対し、キティラット副首相は「しっかり対応していきたい」と述べました。
11/13 NHKNEWSウェブより

 数年前急にロシアが中古車の輸入関税を上げ、それまでのロシアの輸入の勢いが大幅減少したことがありました。その後、日本の中古車の輸入も全面禁止か?と言われたこともありました。北陸地方ではロシア人相手に商売をしていたパキスタン人が一斉にお店を占めてしまったということもありましたようです。今現状はどうなっているのかはわかりませんが、恐らく戻ってきて以前のように開店しているんではないでしょうか。(もし、ご存じの方がいらっしゃれば教えて下さい。)

 ロシアも国内自動車産業の保護という観点からこのような方向性になっていたと思いますが、最近のTPPの議論と重なります。
 ロシアとは北方領土問題で意見の食い違いがあるものの、経済協力は少しずつでも前進していけばいいと思います。


 

水害車のその後

2011年06月30日

東日本大震災で津波被害に遭った中古車を引き取った販売業者が、汚れを除去した後、冠水車であることを伏せ中古車オークションに出品、販売していることが明らかになった。冠水車は一時的には動いても、やがてエンジンや変速機に異常をきたす場合もあるというから迷惑な話だ。(中略) 東北一帯の被災車両は、約1割にあたる30万台近くといわれる。5月半ばに宮城県下で開催されたオークションには、1500台が出品され、8割近い成約率を記録した。何しろ今も瓦礫が山積する宮城県下では、物資の運搬に移動手段など、車がなければ何もできない状況。そこでやっと手に入れた喜びもつかの間、なかには車を走行中、突然エンジンが停止するなどのトラブルに見舞われている購入者が少なくないという。
 「オークションに出品する中古業者の中には、店舗を持たずに営業している場合もある。そのためトラブルに見舞われた購入者が苦情を言おうと電話するも、空しく呼び出し音が響くだけ。仕方なくオークション会社に連絡して調べてもらい、初めて冠水の事実が判明するわけです」(同)
 しかし結局は業者と連絡が取れないため、対処のしようがないという。
2011/6/28 週刊実話記事より抜粋

 厳しい現状です。とにかく「足」がほしいお客様には、水害車だとはおもいもつかず、いい車があれば買うでしょう。水害のレベルによってもエンジンを交換するなどメンテナンスすれば問題ない車もあるでしょうが、そのまま販売するというのはいかがなものかと思います。
 驚きなのは店舗をもたない車屋さんから車を購入するという現状です。大きな買い物ですのでやはり何かあった時にはアフターサービスを受けられるような状態でないと、非常に不安に感じます。ひょっとすると当店も津波で流されまして。。。という話法にしているのかもしれませんが。
 偽りの情報をもとに車を売っている業者から買わない為には、信用できる車屋さんから購入するしか防ぐ方法はないのかなと思います。

中古車が国家を動かす?

2011年05月26日

 ベラルーシのルカシェンコ大統領は、同国が急激な通貨安と外貨不足に陥っていることについて、国内における輸入中古車人気がその一因を担っていると非難した。同国では7月に予定されている輸入関税の引き上げを前に輸入車購入が勢いをみせており、近隣のバルト3国(ラトビア、リトアニア、エストニア)の自動車販売を押し上げている。エストニアの自動車小売り大手アムサーブ・グラップによると、同社が販売した中古車の25%はベラルーシ人が購入したという。エストニアのサクサ・オート(タリン)の中古車販売責任者アーレ・スタインバーグ氏は「ここ2年、ベラルーシのバイヤーが(エストニアの中古車)市場を一掃している」と指摘。「最初はポンコツを引き取っていき、おかげでエストニアの路上からガラクタは消えた。今はあらゆる種類の車を買っていく」と述べた。
 ベラルーシの首都ミンスクのラドゥティコ市長は3月末、同市交通当局が毎日、約800台の個人用自動車を登録していると発言。同国の関税当局によると、ベラルーシの1日の輸入車税収は4月に17億ベラルーシルーブル(約2800万円)に達し、2010年末の平均の4倍以上となった。

2011年5月26日SANKEIBIZより抜粋

ベラルーシとは人口が1000万人弱の旧ソ連の国で私が知っている範囲では自動車はすべて輸入に頼っているようです。新車輸入も10年以内にようやく立ち上がってきたようで、やはり主力はまだ輸入中古車の国です。その関税が上がるとのことで上記のような通貨危機に陥っているとのこと。
さてさて、今は儲かっていても消費の先食いで先々は輸入が激減するのではないかと思います。
ということは関税Upの時期までを耐えれば、その影響はなくなり安定するのではないかというのは単純でしょうか?経済のことは詳しくないのでわかりませんが。。。

さて、日本の新車購入補助の際も一気に新車が売れて廃車もたくさん出ましたが、その反動で廃車や新車の流通が停滞しましたから。しかしながら今回の東日本大震災でこの流れも一気に代わり今度は車がほしくても生産が5割程度で追い付かないという状況です。ベラルーシ同様日本も早く落ち着けばと願う次第ですが、原発の影響による電力不足など今年中には解決しない難題が山積みです。

早く3月11日以前の生活に皆様がもどりますように。


アメリカでも中古車価格高騰!?

2011年05月11日

ウォールストリートジャーナル日本版の記事によるとアメリカでは中古車価格は4月に史上最高値を更新したが、さらに上昇の兆しを見せているとのことです。
リセッション(景気後退)期の生産台数削減と最近の日本の地震の影響で、中古車の需要が急増しており、 一部の中古車価格はこの半年間で1500〜3000ドル値上がりしている状態。

低価格車や低燃費車の在庫が減り、今後も上昇を続ける見通しで、新車も日本からの輸入不足の影響で、当分は市場に出ず日本車の不足が特に顕著だそうです。それに伴い下取り価格も上がっており、一部低燃費車と小型SUVは1月からなんと20%も価格があがっているようです。

かわって部品不足に陥っていない欧米車は新車を潤沢に供給でき、日本車のシェアを奪い返している状態。日本車の輸入車が不足していることは、欧米車に加え、韓国車などにとってはプラスに働いており、勢力図は確実にかわるようです。

日本の被害の影響がアメリカに直撃しているとは経済のグローバル化を改めて実感します。 

リコールで韓国のトヨタ車とホンダ車の中古車価格下落

2010年02月18日

  トヨタとホンダが最近になって大量リコールを行った影響で、韓国市場でも両社の中古車価格が下がっています。 両社の中古車を購入予定なら、リコールの状況が韓国市場に及ぼす実際の影響をしっかりと見極めた上で、購入の時期を決めた方が良さそうです。
【朝鮮日報 より】

 記事にもありますが韓国の友人から聞くところによるとプリウスだけでなくトヨタ車全体的に値段が下がりつつあるようです。個人的にはリコール対象じゃない車両は値段が下がっているなら今が買い時なんて思いますが・・。どうもそうでなさそうなのを見ているとトヨタ車やホンダ車、ひいては日本車全般的に信頼を失っているようですね。「一事が万事」と言うのは良く言ったものです。
 日本人は日本車が一番と思っている人が多いように、韓国では韓国車が一番と大多数が思っているのもあってかなと少し思います。同国においても然り、今回のリコールが及ぼす日本車のイメージは全世界に大ダメージとなっているようなのでまぁ払拭するには相当量な時間と労力が必要なのは言うまでもありません。
 以前三菱がリコール隠し(だったかな?)にてブランドイメージがダウン、未だにユーザーの中にはあの印象が抜け切っていないようにも感じられます。私としてはランサーやギャランといった好きな車種があるのですが世間一般として受け入れられるのはもう少し時間がかかりそうです。ちなみにタイへ行ったときは結構パジェロとかピックアップトラックの三菱車が結構走ってます。他メーカー車と比べて安めというのもあるみたいですけど。
 あとホンダ、独自路線で頑張ってこられたイメージで、トヨタと同じく他資本が入っていないメーカーで本当に応援してました。今回トヨタほどのダメージはないと見られるけど、信頼回復に第一を置いて注力してほしいです。
09年度上半期 中古車販売過去最低

2009年10月14日

日本自動車販売協会連合会が13日発表した2009年度上半期(4〜9月)の中古車販売台数(軽自動車除く)は、前年同期比7.3%減の191万5934台だった。上半期の台数としては、1978年の統計開始以来最低。新車販売の低迷を受け、状態の良い下取り車が不足していることが響いた。
【Yahooニュース引用】

ピーク時より3割減らしくここまで落ちてしまったか・・・と感じました。
新車販売は最近でこそ廃車を伴う新車購入補助制度(スクラップインセンティブ)の影響で少しは販売が伸びていると聞きますが、年初は同制度も始まっておらず乗り換えが進まなかったため余計良い中古車が出回らなかったんですね。

中古車が売れない理由は上記に加えて新車と同様に、“不景気”だけでなく若者の車離れや様々な要因があるんだろうと思いますが、この調子でいけば新車だけでなく中古車も売れない日本は自動車メーカーから魅力がない市場に陥いらんとしているようにしか思いえません。

個人的には車が大好きでこの先も何があろうと車は手放さないように思います。私は今までは中古車しか乗ったことが無いので新車市場に貢献しているとは思えませんが、それでも車関連の消費は0にならないよう少しでもお役に立てれば・・なんて考えて毎週末は自動車用品店に通ってます(^_^;)

本当にここんとこ耳慣れた“過去最低”、“○十年前の水準”って言葉、聞けば聞くほど億劫になっていきます。言論の自由であったり、さらに事実なので仕方ないですが、マスコミも“がんばろう”って感じに読み手が受け取るように工夫してもらえませんかね・・・。

8月中古車登録過去最低

2009年09月11日

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が10日発表した8月の中古車販売台数(軽自動車除く)は、前年同月比9.1%減の27万4234台となり、7カ月連続で前年割れとなった。8月としては、統計を始めた1978年以来、過去最低の台数に落ちこんだ。対前年同月比の減少幅も7月より3.4ポイント拡大しており、依然、底打ちの兆しがみえない。
(フジサンケイ ビジネスアイ)

 エコカー減税や廃車に伴う新車購入補助制度(スクラップインセンティブ)の影響で、本来なら出回るはずの下取り車が、制度利用ユーザーは廃車手続きが必要となるためあまり市場に出てないのかも知れません。中古車を買おうと思ってた人たちも新車に走ってしまうのかも知れませんしね。確かに新車にあまり魅力を感じない私ですら、もしタイミングが重なったらこのスクラップインセンティブを活用して中古車をやめて新車に走っちゃうかも・・・。

 良く街中で、「あっ、ここの中古車屋さん潰れちゃったんだ・・」ってことや、このスペースは明らかに最近まで小規模の中古車屋だったんだろうなぁ・・って推測される場所が多く見られます。少し前に某大手買取+中古車販売店が、メンテナンス工場を併設した大規模な展示場を実家近くでオープン致しました。販売した車両のメンテナンス、車検、そして次の買い替えって言うように明らかに「お客さんの囲い込み」目的のようです。確かに売るだけでは今の時代は難しいのかも知れませんね。
エコカー買い替え補助制度スタート

2009年06月19日

おはよう御座います。
皆様ニュース等で既にご存知かと思われますが“エコカー買い替え補助制度”の受付が本日より開始されます。

新車販売台数が5月まで10カ月連続の前年同月割れが続くなかで、業界にはその状況を打破する大きな期待が寄せられており、これまでに新車を扱うディーラーではポスターを貼ったり説明をする等で賑わっているようです。実質廃車ひきとり110番へ廃車の御相談を頂くお客様の中にこの補助制度を利用する方も多くいらっしゃいます。

また補助は今年度限り。利用者が多く、予算(約3700億円)を使い切れば、その時点で終了らしいので早い者勝ち?になるのでは?

この制度に関しては後日まとめたものをUP致しますので、詳細をご存じでない方は御参考になるようなものを作成します。しばらくお待ち下さい。


<廃車ーエコカー買い替え制度にかんする 経済産業省ページ>
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/automobile/kaikae.html
お隣の韓国では依然小型車は不人気

2008年10月27日

 韓国交通研究院が昨年、韓国内登録自動車98万台を調査した結果、平均排気量が2113ccで、欧州連合(EU)の平均(1744cc)より21%以上多いことが分かった。
 大型車を好む韓国人の傾向は、自動車を身分の高さを示す手段に思う考え方、そして小さい車を無視する社会雰囲気と無関係でない。軽車は「貧しい人」が乗る車と思う傾向が強い。ホテル、ゴルフ場、デパートなどへ軽車で出かけると、無視される場合が珍しくない。ある弁護士が小型車に乗って裁判所へ行ったところ、正門の警備員に制止されて以来、大きい乗用車に買い換えたというエピソードもある。

【東亜日報】

 現在の日本もそうですが、所有車は身分のステータスに考えられています。何度も韓国へ行ったことがあるので、行く度にその志向は昔の日本より強いまってるように思います。軽自動車保有者=貧しい人の観念も日本にあったように思いますが、今は軽自動車が走っていても珍しくもなく、というのもあくまでセカンドカーとして常用されている人々も多いのでその考えはなくなりつつあるように思います。確かに「あまり乗らない」、「普通車は維持費が・・」という理由から乗り換える人も多く、エコに関係なく結果的に軽自動車が増えたのが事実です。
 上記ニュースの「無視される」とはどういう状況なのかはわかりませんが、全てがそうでないにしろ確かに走っていても「遅い」と言うイメージはあります。どこに言っても邪険に扱われてしまうと言うことでしょうか・・。
 “軽自動車に乗る=エコ”というのが全てそうかどうかはわかりませんが、韓国は日本よりエコの意識が浸透し、買物はレジ袋有料化に伴い皆マイエコバッグを持参するのも日本より早く、自動車に関しても軽自動車が増える日がそう遠くないかも知れません。

廃車無料見積はこちら
利用したお客様の声
地球の未来を考えて
環境コラム
エコカー減税
お問い合わせ
0120-110-882 受付時間:9:00〜18:00
TEL 0595-43-2231
FAX 0595-43-2236
携帯サイト
携帯サイト

携帯電話のカメラで左のバーコードを読み取って下さい。

【サイト運営会社】
〒518-1302
三重県伊賀市東湯舟2750
株式会社イー・エス・コーポレーション
(株)オートセンターモリグループ
古物商許可証番号
三重県公安委員会許可
  第551500076700号
廃車手続きのことならイーエスコーポレーションへおまかせ!